サボテン

サボテン

我が家にはサボテンがいます。
母の趣味でもあるのですが、サボテンが。

一見グロテスクなのですがこの子が母のお気に入り。
幸運を呼ぶそうな。私の大学受験の時に願掛けて買って以降ずっといます。

大明神というらしいです。約4000円で売っていますね。
厄除けの効果があるとか。

サボテン栽培

費用

サボテンは安いものなら100円均一に売っています。高いものはきっと限りなく高いですが好きなサボテンを選びましょう。
最安値は100円から。

しかし、100円均一のサボテンは砂の部分が固められています。本気でかわいがるなら土を変えてあげましょう。
固められた砂は百害あって一利なしです。

我が家はこれを使っています。

プロトリーフ サボテン多肉植物の土 2L 15×26×4cm

また、100円均一の鉢は底に穴が開いていないものがほとんどです。
有名な話ですが水をやりすぎるとサボテンは根っこが腐ります。
水はけが大事なので鉢にもこだわりましょう。
穴の開いているものをホームセンターなりで買います。

ということでしっかり準備すると1000円からといったところでしょうか。

メリット

まず手間がかからない。そして部屋に緑が置ける。
風水でもサボテンは良いのだとか。
花が咲くタイプはその季節が楽しみになりますし、そうでなくてもゆっくり育つのは良いものです。

安いサボテンを買ったときに

100円均一で買ったサボテンはだいたいこんなので土はカチカチになっています。
画像は拾い物です。

まずこの土を落とします。
端っこから硬いもので土ごと鉢から出します。そしてお湯で優しく洗うと固まっている土が落ちて根っこが出てきます。
根っこに雑菌が入ると病気になってしまうのでできるだけ傷がつかないよう優しく洗います。

洗い終えると日光の下で根っこを乾かします。
乾かしたらあらかじめ買っておいた通気性のいい鉢に土を入れて植えます。軽く水をやって完成。

サボテンが根腐れしたら

以前彼女に「思い出のサボテン(例のごとく土が固まっているもの)が根腐れしたのでどうにかして欲しい」と言われたことがあります。
ネットで調べて色々して復活させられたのでメモがてら書いておきます。

まず、上記のように固まっている土を洗います。すると腐った弱弱しい根っこが出てきます。
腐ったところは残しても雑菌が入るだけなので、ガスコンロで炙って消毒したハサミで切ります。
疑わしき根っこは全部切ります。私はほぼ全部切ってしまいました。

その後断面をアルコール綿で軽く消毒し、同様に日光にさらします。
我が家にはリクガメ飼育用のメタハラ(カメの記事を書くときに詳しく書きます)という紫外線、光、温度全部をだすライトがあったので日が沈んでからも念のためそれをサボテンの根っこに当てていました。
ちなみにメタハラはかなり高いです。

本体シルバー カミハタ ファンネル2 150W 20000K ブルー メタハラ 沖縄別途送料 関東当日便

こんなのです。安くても4万円ぐらいします。

で十分乾いたら鉢に土を入れて埋めます。あとは普通に育てていくだけです。
ダメになりそうだったあの小さなサボテンが今では…

この右側のウネっとしているやつです。
すくすく育って10㎝はあります。
サボテンの右側に以前は窓がありそっちにむかって育っていました。
今は右にテレビがあります、そういうのを嫌がって左に育っているのかもしれない。
そしてこんなS字に…置き場所を検討しなければ。もはや私の方がこのサボテンをかわいがっています。

サボテンに興味がある方やサボテンの根が腐りそうな方は参考にして頂ければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク