泥団子

泥団子

光る泥団子は趣味にどうでしょう。

いまや日本泥だんご化学協会ができ、

世界的にも芸術として認められ始めています。

今回はそんな泥団子作りに挑みます。

費用は0円!かかる時間は6時間から数日です。

泥団子キットなるものもありますが、その辺の土でチャレンジします!

参考文献

参考にするのはこの本です。

光れ!泥だんご 普通の土でのつくりかた [ 加用文男 ]

日本泥だんご化学協会HPにもっと詳しく乗っています。

まずは土選び

粘土質の土と、普通の土が半々のがいいそうです。

本当にガチで作る方は作る工程の中で土の粗さも選んでいくとか。

今回はこの土で開始します。

近所の公園の土です。

水と混ぜて芯を作る

土を水と混ぜて芯を作っていきます。

軽く絞って丸めて。

このとき絞りすぎると粘土質も失われてしまうので軽く。

空気を抜くイメージです。

で乾いた土を表面にかけて固めます。

※手がどろどろで写真が撮れていません。

層を作っていく

砂をかけては振り払い、親指の付け根で優しくなぞっていきます。

羽で触れるぐらい優しく。

ここで小さな粒子を敷き詰めるイメージになります。

※手がどろどろで写真が撮れていません。

休憩

1時間ぐらい団子をやすませます。

磨く

仕上げの磨きです。

磨く前に槽を作る作業をかるくやります。

ジャージで優しく磨く!

と…

最後に

初めてにしてはまあまあですね。

10回ぐらい失敗しました

トライ&エラーです。

もっと黒光りするのもできるといいなと思います。

夏休みですし、色々な土でつくって自由研究とかもできますね!

ちなみにキットです↓

【限定特価!!】コロピカどろだんご制作キット 計量スプーン付き シヤチハタ

価格:319円
(2018/8/19 21:17時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク