キャンプ-ソロキャンプ・道具紹介編-

キャンプ-ソロキャンプ・道具紹介編-

念願のソロキャンプ!
行ってまいりました。

初めてのテント設営
初めての屋外ソロ調理
初めての屋外ソロ就寝

色んな初めてを経験してきました!

そんな私のキャンプは動画にまとめております。
もし良ければご視聴ください。

動画はこちら

今回はデビューを共にした道具たちを紹介していきたいと思います。

テント

キャンプと言えばテント。
私が使用したのはこちら
U-jackのDesert 300

選んだポイントは以下
・ワンポール型
・TCないしコットン
・1~2人でも大丈夫なサイズ
・白色

やっぱりワンポール型はテンマクデザインのサーカスT/Cが
圧倒的に人気ですよね。
今回のキャンプもお隣さんがそうでした。

しかしコレはそれに劣らないと思っています。

外側がポリエステル
インナーテントがT/C
ってことは撥水性を保ちながら
T/C素材の防寒性等を堪能できる!
そして前室を作れる!

あとはスカートがついてるから防寒性よし
通気用メッシュ(開閉可)もたくさんある!

ただコットン生地の質感が隠れるから
映えないのが唯一の短所か。

シュラフ

快適な睡眠を得るには必須。
3シーズン用と冬用に分かれます。
でもそんなに揃えれないし。
結構高い!

ということで一般的な寝袋タイプではなく
暑いときには開いて一枚の掛布団のように。
寒いときにはよくある寝袋型に。
両方使えるタイプにしました。
https://www.mountain-equipment.co.uk/
で売ってます。

しかもここは身長と肩幅から
自分に合ったサイズを選べる!

私は190cm近くあるので日本の既製品では小さくて。
という事情もあったりします。
ひとまず初キャンプは快眠でした!

クーラーボックス・椅子

それぞれニトリです。
この椅子のオシャレ感!
(動画参照)
ニトリとは思えない!

焚き火台

B6君です。

ソロ焚き火台の王道といえば
ピコグリルです。

あのキャンプ芸人のヒロシさんも愛用。
軽いし、使い勝手も抜群なそうな。
しかし高い。

のでお値段ほどほどに使い勝手の良さそうな
B6君を採用しました。

スキレットぐらいなら余裕で耐えるので、
調理にも使えるし、鉄板置いて焼肉してもいいし。
今回はアヒージョ!

残った油でたらこパスタしたり。

万能!

スキレット

スキレットは家でも使っているし、
ソロキャンじゃなくても出番はあるので力を入れて

ロッジで。安定感あります。家でも活躍してくれてます。

ランタン

ランタンは手ごろにアマゾンで購入。

不満は特にないです。

バーナーコンロ

バーナーはいざというときに必要ですよね。
調理の安定感が違います。
SOTOのこちらを採用しました。

何も文句はありません。
使いやすい。コンパクト。

コットも欲しかったですがそこは銀マットで対応。
寒がりにはきびしいかも。

感想

そんなこんなで初ソロキャンをしてみて
ひたすらぐうたらもできるし、
作業をするにもはかどる。

自然っていいですね。
家にいたら何してただろう。
寝るかゲームするかだったのかな。

外で料理しながら食べるご飯は幸せ。
そしてそれと共に飲むのも幸せ。

次回までに

思ったのはテントのペグは付属のチープなのより
しっかりしたのを買った方がいいですね。

ペグ打ちの深さも
今回のキャンプ場は地面が柔らかかったから
深く打たなきゃでした。

抜けなくなるのにビビっていると
すぐペグが抜けてテントが張れない(笑)

思ったより設営がスムーズにいくことが分かったので
燻製セットを持参したいですね!

次回はいつになるかわかりませんが非常に楽しみです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク