英会話

はじめに

私は今年度から英会話に通っています。週1回のペースで。
大学受験以来まともに英語をしていない私は中学生レベルの英語に四苦八苦しています。

でもまあ旅行に行ったり今後仕事でも必要になってくると思うのでしっかりと学んでおきたい。
あと英語でコミュニケーションを少しずつとれるようになってくると楽しい。

簡単な文章しか作れないので、日本語でしゃべるよりも端的に素直にしゃべらざるを得ない。
そんな時に普段日本語でのらりくらりとあいまいにしている自分の思っていることを再確認できるのも新しい。

本題

英会話に関して

英会話にに行けば入会費やなんやかんやで非常に値が張る!

やっぱりやるからにはマンツーマンが効率が良いと思います。
大手の最安値でも50分5000円。高い。以下大手へのリンク↓








となってくると安いのはネット英会話です。ただしフィリピンの人とかが多くて少し癖があるとのこと。
DMMが大手となっていますね。

マンツーマンかつアメリカ英語の安いところがあるといいです。
わりと個人で英会話教室をやっている人がいるので近所で探してみるのをお勧めします。

私も近所のアメリカ出身のおじさんとお話をしています。
50分3000円です。安い。すごく話を振ってくれます。

英会話教室以外に

やはり自主勉強も大事です。

文法は少しずつ思い出してくるはず。
最初は日本語で文章を作って英語にしやすい文章にし、少しずつ英文を作る。
というプロセスが頭の中で行われます。わたしもそうです。

でも極めてくると主語は~で、過去形だから…、動詞は…とか考えんなくなるそうな。
英語が英語として受け入れられるようになるそうです。

そのためにも少しでも英語に触れる時間を増やすのが大切。

おすすめしたいのはこの本です。↓

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 反射的に言える (CD book) [ 森沢洋介 ]


CDが日本語の例文→少し間(この時に英文を作って口に出す)→回答の英文→少し間(この時に回答を繰り返す)
という構成になっています。完璧です。この構成のCDは他に見つけていないです。
私も車でひたすら流して英作文をしまくっています。最初は中学1年生レベルの文章も作れなくなっていて絶望しました。

筆者は英語の教師らしいのですが自分が英語を教えられるのに英語を話せず、かつての友人が英語をペラペラとしゃべっている姿をみてこれはだめだと思って書いた本です。
英語教育のプロがしゃべれるようになるためにどんな取り組みをしたのかコラム的に書いてくれてます。
それもまた面白い。

口語的な表現を知りたかったらこの本↓

英会話なるほどフレーズ100 ネイティブなら子どものときに身につける [ スティーブ・ソレイシィ ]


気楽に聞いてリピートできます。英語圏のちびっ子たちが使う言葉をメインにしていますが小さい子の言葉ほど基本的な口語表現はないと思います。
硬い勉強に疲れた時の息抜きに是非。

最後に

英語は自分の可能性を広げてくれます。月並みな言葉ですが。

英語を学ぶことで、英語圏の人たちの考え方が少しわかるような気がします。
不思議ですが語学ってそんなものらしいです。

趣味というか自己啓発というか、って感じですが。有意義な趣味といったところでしょうか。

しばらく続ける予定なので成長したらレポートします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク