初めてのこだわりの買い物

初めてのこだわりの買い物

趣味探しとこだわりの買い物というブログを始めるにあたり、最初にこだわった買い物は何だったかな…とふと思った。
高校生になるまでお小遣いは必要な時にもらう家庭であった。それゆえお盆やお正月に祖父母からもらうお金が主な娯楽への費用だった。それもほとんどがTVゲームやカードゲームに費やしていた。
もちろん限られた収入を何のゲームに充てるかはコロコロコミック等で情報収集して計画を練っていたものだ。ある意味こだわりかなとも思ったがどちらかと言うと計画的?なような気がする。(今までハマったゲームも考察して今後の趣味探しの参考にしよう。)

話は変わるが小学校4年生ぐらいの時に我が家にPCが導入された。当時はひたすらPCでお〇〇ろフラッシュ倉庫やTVゲームの情報を漁っていた。懐かしい。2chを閲覧しだしたのも当時からで気づけばネラー歴が20年にもなろうとしている。
そんな中でも欠かさずほぼ毎日見ていたHPがある。

ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)である。http://www.1101.com/home.html
中学生になり帰宅時間が遅くなってもちょこちょこ覗いていた。
今でこそほぼ日手帳は有名になったが当時は知名度が低かった…と思う。
小学校高学年から中学生ぐらいの時にそのこだわりをみて感銘を受けた。
しかし当時の私に手帳は必要ないし…と思っていた時にあらわれたのが
「ユラールのTシャツ」である。


「最良の普通」を磨き上げたものだとのこと。刺繍、生地、カラバリ、説明書全てにこだわりがあった。2004年のことらしい。はじめて娯楽以外にお金を使ったように思う。ルーツはここにあったのか。

未だにほぼ日手帳に憧れるがそこまで情報量の必要な生活を送っていない。
手が届かずにいる。いつかほぼ日手帳を使いこなせるおっさんになりたいと思う。

最初なので色々振り返ってみたが以降はできるだけシンプルにこだわりの買い物のこだわりポイントと使用感を書こうと思う。
[adtest]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク